コンピュータウイルスって何?

  「コンピュータ・ウイルス」とは、コンピュータに悪い影響を及ぼすプログラムの総称です。
  パソコンが一般的になった当初から存在していましたが、パソコンとインターネットの普及によってその被害総数、感染速度が従来に比べて飛躍的に増えています。
  「コンピュータ・ウイルス」に感染した場合の症状は、そのウイルスの種類によって異なります。冗談のようなメッセージを表示するだけのものから、ハードディスクをフォーマットしてしまうかなり悪質なものまであります。
  ウイルスに感染、発病した場合は、「ウイルス対策ソフト」を使いウイルスを削除する必要があります。自分がウイルスの感染源にならないためにも、発病した場合は即座に対処する必要があります。
  しかし、通常は発病してしまえばある程度の被害を被ることになるため、できればウイルスに感染しないようにするべきでしょう。
  主なウイルスの感染経路は、電子メールやホームページなどインターネット関係で、その他に記録メディアなどがあります。
  ウイルスはプログラムの一種なので、電子メールの添付ファイルとして送信することができます。見覚えのない送信者や、送信者名が入ってないメールに添付ファイルがあれば、まずウイルスを疑ってみましょう。当然そのような正体不明のファイルをダブルクリックして開くなどもってのほかです。怪しいメールは開かずに捨てましょう。
  また、最近はメールをプレビューしただけで感染するウイルスもあります。Outlookなどのメールソフトではメールのプレビューをしないように設定することもできるので、どうしても必要な場合以外はプレビューをしない方が良いでしょう。

  ホームページからの感染はインターネット・エクスプローラのセキュリティ・ホールを利用しています。セキュリティ・ホールとは、ソフトウェアの安全対策に開いた穴のようなものです。
  Windowsやインターネット・エクスプローラのセキュリティ・ホールが話題になることが多いのは、広範囲にウイルスをばら撒きたいウイルス製作者が利用するためです。
  Windowsやインターネット・エクスプローラのセキュリティ・ホールを防ぐためには、こまめに「Windows Update」を行うことです。
  Windows Me/XPではスタートボタンか、その中のプログラム内に「Windows Update」という項目が表示されます。ここをクリックすると、マイクロソフト社のウェブページに接続し、更新プログラムが表示されます。セキュリティ・ホール対策のためのプログラムは、たいてい「重要な更新」というグループに入っているので、定期的に見て必ず更新しましょう。
  普通パソコンにはプレインストールソフトとして、ウイルス対策ソフトが入っていることがほとんどです。ウイルス対策ソフトはウイルスの予防と駆除に絶大な効果を発揮します。ただし、ウイルスは常に新種が登場しています。そのため、定義ファイルやパターンファイルといった、ウイルスを判定するファイルを常に最新のものにしておく必要があります。 
  定義ファイルの更新方法はメーカーによって異なりますが、インターネットに接続すれば自動的に更新してくれる場合が多いので、それほど面倒ではありません。

                          (出典:電脳通信)
コンピュータウイルス対策ソフトリンク集

Since : 2002.3.1 Copyright 2000-2001 地域ホームページ製作実行委員会 All Rights Reserved.