時は刻まれ
 人生の河 渡りなば 
 よどみに朽ちる木の葉もあれば 
 早瀬を必死に昇るハヤもいる 
 そして時は 
 止まることなく 休むことなく 
 朝昼晩の時計の針は 
   五臓六腑の 振り子で動く

 人生の森 渡歩きなば 
 茂みをつつむ しだ葉もあれば 
 輪を重ねては伸びる樹もある 
 そして時は 
 壊れることなく 流されもせず 
 衣食住の紙風船は 
   喜怒哀楽の 風で飛ぶ

 人生の海 泳ぎなば 
 潮に揺られて旅する魚もいれば 
 海底でただただ眠る貝もいる 
 そして時は 
 遅れることなく 急ぐことなく 
 赤青黄の信号灯は 
   春夏秋冬 情熱に染まる色

 人生の山 登りなば 
 せり出すようにそそり立つ岩壁もあれば 
 うねりて白くたおやかな峰もある 
 そして時は 
 回りつづける 刻みつづける 
 縦横斜めの人間模様 
   起承転結 ドラマが生まれる